AgileJapan2019参加メモ

AgileJapan2019に参加してきました。

▼感想

今年もたくさんの人とお話しすることが出来た。

同じ栃木の同じ製造業の事例があったのがちょっと悔しいので、

来年は自分たちのチームの話ができるようがんばろう。

実行委員のみなさん、ボランティアのみなさん、ありがとうございました。

-----

アジャイルジャパン実行委員長 今村さん|f:id:kmr3298wrc:20190723200757j:plain:w200

f:id:kmr3298wrc:20190721064931j:image

 

AgileJapan2019のテーマ

アジャイルでつなぐ、ビジネスとIT」

登録者数なんと856人!(うち7割が初参加、そして製造業が70人も!)

全44セッション。セッション以外にも、モブプロあり、旅するAgile本箱あり、ABDあり、グラレコあり、マンゴープリンあり、ハトマスクあり!?

 

マネージャー不在の洞窟型組織

GROOVE X 株式会社代表取締役 林さん|f:id:kmr3298wrc:20190723200826j:plain:w200

f:id:kmr3298wrc:20190721094657j:image

抱っこされるためのテクノロジー

スクラムのメリット

・複雑なプロジェクトを可視化する手法。

・フラット型組織でスクラムを運営すると職場に活気がでる。

・概念は簡単、習得は難しい。

 (アジャイルコーチ・スクラムマスター・研修に十分投資をすること!)

f:id:kmr3298wrc:20190723200927j:plain:w200f:id:kmr3298wrc:20190723200947j:plain:w200

”開発側” ”ビジネス側” の先へ
アジャイルで超えた3つの壁〜

株式会社サイバーエージェント 陶山さん

https://www.agilejapan.org/2019/session/ten3-2_CyberAgent.pdf

f:id:kmr3298wrc:20190721064921j:plain

チームの変化のキャパシティを超えると失敗する?

→変化のキャパシティを見積もる。

→一番変化に敏感な人を基準にして、少しずつ変化を導入していく。

 

受託開発でのアジャイル奮闘記 –
ガントチャートからバーンダウンチャートへ
株式会社永和システムマネジメント 岡島さん、藤田さん

株式会社NTTPCコミュニケーションズ 井街さん

https://www.agilejapan.org/2019/session/ten3-3_esm.pdf
f:id:kmr3298wrc:20190721064929j:image

何度も試行錯誤するけど、ちゃんと顧客と信頼関係を育ててきたので、大丈夫。

 

ユーザーと共創する 本当に欲しかったサービス
~製造業がアジャイルを取り入れた事例〜

本田技研工業株式会社 船戸さん、松本さん

クリエーションライン株式会社 さささん

https://www.agilejapan.org/2019/session/ten3-5_Honda.pdf
f:id:kmr3298wrc:20190721064926j:image

マネージャー向けの言葉。

「積み重ねた概念を捨てて、若手を信じて支えること」

 

アジャイル推進のための"超"辛口アドバイス

株式会社豆蔵 中佐藤さん

https://www.agilejapan.org/2019/session/east3-2_mamezou.pdf

衝撃の一言

某事業会社の人の言葉:
アジャイル開発になると、開発者が高スキルになり、コストが高くなる。何とか安くする方法はないか」

 

SIerって本当のところどうなの?
NRIに居る人・来た人・去った人、3者のホンネを激白~

すべてのセッションでグラレコあり。

座談会のような状況でグラレコできるのはスゴイ。尊敬する。

f:id:kmr3298wrc:20190723221209j:plain



f:id:kmr3298wrc:20190723200847j:plain:w200|スタッフTシャツがステキ。

DevLOVE X参加メモ

DevLOVE X行ってきました。

devlove.wixsite.com

 目的はエネルギー補給、とは言わなくとも最近追い詰められるようなダメな仕事の仕方をしていたので、リフレッシュをしたかったのは本当。

嬉しかったのは社内MLでこのイベントを紹介したら、本当に参加してくれた人がいたこと。発信しててよかった。ありがたやありがたや。

運営の皆さん、ありがとうございました。みなさんのDevLOVEに対する愛がひしひしと感じられるステキなイベントでした。

 

 ▼のーどみ たかひろさん「ミッドライフクライシスに効く 頑張れなかった10年」

ミッドライフクライシスに効く 頑張れなかった10年 - Speaker Deck

f:id:kmr3298wrc:20190627222447j:image

 「これからいいことあるとは言えないけれど、きっとあなたも私も大丈夫」

 

▼漆原 茂さん「10年後の僕たちに送りたいメッセージ 〜未来のエンジニアに幸あれ〜」

f:id:kmr3298wrc:20190627222521j:image

10年後の僕たちに贈りたいメッセージ

1.成長しまくれ!

2.明るいドMになれ!

3.若々しく幸せになれ!

f:id:kmr3298wrc:20190628201450j:image

・年齢は16進数で数える! 

 

▼石井 智康さん「アジャイルは会社経営に何をもたらすのか」

f:id:kmr3298wrc:20190627222539j:image

経営者のアジャイル施策

・情報の透明性の確保する。

・ふりかえり文化の定着させる。

・会社の中にPOとSMをどう配置するかを考える。

経営者はなぜ孤独になるのか?

・1年スプリント、レビューは株主総会

・リアルタイムフィードバックがない。

・フィードバックがないのにPOもSMもやる。

・社員との情報格差

前日に株主総会で1年のふりかえり、今日はDevLOVEで10年のふりかえり。

前日の株主ミーティング社長プレゼンメモ↓

f:id:kmr3298wrc:20190628201059j:image

 

▼今村 博明さん「Agile Japan歴代実行委員長たちの越境」

f:id:kmr3298wrc:20190627222555j:image

歴代実行委員全員登壇(平鍋さん、西河さん、和田さん、今村さん)。

10年前のカンファレンスは一方通行、双方向な”場”を作りたかった。

毎年”AgileJapanを開催するかどうか”から議論している。

AgileJapanポリシー

・多様性の尊重

・ビギナー歓迎

・建設的な意見交換

f:id:kmr3298wrc:20190628201400j:image

 

▼西村 直人さん「チームの未来が見えていますか?」

Importance Of Team Vision - Speaker Deck

f:id:kmr3298wrc:20190627222620j:image

10年後「AGILE」は共通言語、これが普通。

「慌てず楽しく余裕と優しい気持ちを持って」

 

▼黒田 樹さん「大企業アジャイルの勘所」

大企業アジャイルの勘所 #devlovex #devlovexd

f:id:kmr3298wrc:20190627222631j:image

課題:本にあるようなスモールチームを作るのが難しい。

 ・現実との乖離、遠い世界

 ・説明責任を果たしにくい

 ・制約や前提を考えていない

答え:自分の頭で考える。

スタートアップと同じ戦い方をしない。複数並行で仮説検証を行う(お金の力を使って)。

 

▼ワークショップ

これまでの10年とこれからの10年を考えて、グループで共有する。

f:id:kmr3298wrc:20190628201414j:image

 さて次の10年はどうなっていくんだろう。

 

 

 

「組織にいながら、自由に働く。」のABD。

 ▼ABDとは。

アクティブ・ブック・ダイアローグの略です。1冊の本を複数の参加者で、バラシて、分割して、読んで要約して、プレゼンして、議論するという新しい読書会の手法です。

公式サイトはこちら。

www.abd-abd.com

この手法のメリットは、

・事前準備が不要(本を購入することも、事前に読んでおくことも不要)

・分厚い本でも手軽に内容が把握できる(興味が出たら購入してじっくり読む)

・参加者が同じ話題で会話ができる。(社内スクラム勉強会で最初にスクラムガイドをABDで読んでもらうような試みもしています)

・要約やプレゼンのスキルがあがる。(3分でまとめる、話せる技術)

・楽しい!(一番大事) ことなどがあげられます。

デメリットは、本をバラす(裁断する)ことがあります。本が好きな人はちょっと抵抗があるかもしれません。

▼今回の書籍

仲山進也さん著「組織にいながら、自由に働く。」です。

books.rakuten.co.jp

f:id:kmr3298wrc:20190427085803j:plain

▼開催の目的

・昨年AgileJapan宇都宮サテライトで交流させてもらった本の著者・仲山さんの働き方に感動し、それを他の人にも知ってもらいたかった。

・別のABDに参加した際、良いファシリテータの見本を見せてもらえたのでそれを実践してみたかった。

▼お礼

・今回著者、出版社さまのご好意でABD用に本のゲラを提供してもらっています。ゲラを提供していただいた著者の仲山さん、日本能率協会マネジメントセンター出版事業本部ABD読書会担当者さま、ありがとうございました。

著者の仲山進也さんの協力のもと、多くの方が同時に本を読み、対話する新しい読書会のカタチ「ABD読書会(アクティブ・ブック・ダイアローグ®)」を主催される皆さまには、ゲラを無償提供させていただくことになりました。」(抜粋)

pub.jmam.co.jp

 ・会場を提供して頂いただけでなく、道具の準備などご協力いただいたクリエーションラインさま、ありがとうございました。

▼メモ

チェックインは企画の意図や参加者の自己紹介などで10分程。

f:id:kmr3298wrc:20190427070109j:image

コ・サマライズ(要約作成)。

今回の参加者は8人でした。本が4章立てでしたので2人で1章分を担当してもらいました(1人約25ページを担当)。時間は約50分。

f:id:kmr3298wrc:20190427070126j:image

 リレープレゼン。

1人3分でプレゼンをしてもらいました。私から2分経過で合図を送って残り1分をまとめてもらう、拍手は8人全員が終わってから、自分の箇所がおわったら次の人とはハイタッチで交換等、前回のABDで学んだことを取り入れてみました。

f:id:kmr3298wrc:20190427070157j:image

ダイアローグ(対話)。

今回は本が「加」「減」「乗」「除」の4章(働き方の4ステージ)で構成されており、それぞれの章単位で話ができそうだったので、参加者の興味(自分はどのステージにいるか、興味があるか)でそれぞれグリープに分かれて話をしてもらいました(今回は3グループ、加3人、減2人、除3人)。約30分。

f:id:kmr3298wrc:20190427070215j:image

 

参加された方から「楽しい」という感想がでたのがとても嬉しかったです。

皆様、ご参加ありがとうございました。

f:id:kmr3298wrc:20190427070226j:image

 

 

心理的安全性ゲーム@ESMのメモ

心理的安全性ゲームはアジャイルコーチ」安井さん(やっとむさん)考案のカードゲームです。ゲームを通して楽しく心理的安全性を体験してもらうものです。

ゲームルール等はこちらから。

購入はこちらから。(是非ご購入を!)

▼今回の舞台は永和システムマネジメントさん

実際の開発チーム2チームから3人ずつの計6人で1チーム作りました。(ゲームの推奨は5人までですが、なんとかやります(なんとかできます))

※実際のチームメンバー同士で実施すると、お互いの気持ちを共有できるので効果大です。

開催した現場はこんな感じでした。このゲーム、笑顔になるようにファシリテートするのがコツです。

f:id:kmr3298wrc:20190407082943j:image

▼ゲームの構成

ゲームの構成はファシリテータ次第でいろいろと組み立てられますが、私の場合以下の感じで進めることが多いです。(大体1時間くらいです)

1)アイスブレイク(自己紹介等)

2)ゲームの説明

3)ゲーム開始(1回目)

4)心理的安全性の説明

5)ふりかえり1

 ・言われてうれしかった言葉、悲しかった言葉の共有

 ・このチームで使いたいカード/使いたくないカード/状況によるものに分類

6)ゲーム開始(2回目):5)で分類した使いたくないカードを除いて

7)ふりかえり2

 ・2回目の感想

 ・個人ワーク&共有

  例えば、心理的安全性が必要な理由/自分のチームはどう?/明日から何する?など

▼今回の振り返り2結果

f:id:kmr3298wrc:20190407082948j:plain

f:id:kmr3298wrc:20190407083012j:plain

f:id:kmr3298wrc:20190407082952j:image
f:id:kmr3298wrc:20190407082956j:image

▼今回の感想

皆さま、ご参加ありがとうございました。
f:id:kmr3298wrc:20190407083006j:image

永和システムマネジメント訪問メモ

Scrum Ba at Night(Scrum Ba at Night 参加メモ - キムラのメモ)で久しぶりにお会いした平鍋さんに「4月初旬に富山に滞在(帰省)するのでASF(AgileStudioFukui)を見学させてください!(個人で)」とダメ元でお願いしたところ「大丈夫ですよ」と快諾頂いたので、4/1という入社式やら元号発表やらで忙しいところにお邪魔させてもらいました。

▼目的

・永和システムマネジメントはどんな会社なのか?に興味があった。

・ASFはどんなビジネスなのか?を知りたかった。

福井駅

f:id:kmr3298wrc:20190404173812j:image

福井駅といえばこれです。この広告は金沢、富山方面からの階段にしか設置していないので注意。

▼永和さんのビルまで

なんと平鍋さんに福井駅まで迎えに来ていただきました(ありがとうございます)。車内ではちょうど発表された新元号の話(令和、永和惜しい)や熱い地元愛の話や子供の教育(地元で育てたい)の話などいろんな話をさせてもらいました。

▼永和システムマネジメントについて

f:id:kmr3298wrc:20190402201913j:image
f:id:kmr3298wrc:20190402201940j:image
f:id:kmr3298wrc:20190402201908j:image
f:id:kmr3298wrc:20190402201928j:image

永和システムマネジメントの沿革と概要を教えて頂きました。

・1980年創業、平鍋さんは三代目の社長。起業時はうなぎ養殖とソフト開発、どちらを仕事にするかで悩んだらしい、ソフトを選んでくれて良かった。

・1990年自社ビル建設、ただし半分だけ。会社が成長したら残り半分を建てると決めて10年後に残り半分も建設(有言実行!)。

・2000年頃からXPを始める(XPアンギャで全国を回る)。その後アジャイル事業を始める。

・現在はアジャイル、金融、医療、組み込みとITサービス(ASF)が大きな事業(金融と医療は(今は)アジャイル0%)。

・さらに詳しくはこちら(会社概要 | 永和システムマネジメント)

▼ASF(AgileStudioFukui)について
f:id:kmr3298wrc:20190402201932j:image

詳しくはこちら(Agile Studio Fukui | アジャイル開発 | 永和システムマネジメント | 福井県)を参照。基本的に準委任契約でアジャイルを十分理解しているお客様と仕事をされているそうです(アジャイルを希望しないお客様とは別の請負チームがあるので対応可能)。

平鍋さんに「どうしてASFを始めたんですか?」と聞いたところ「福井にいる優秀なエンジニアに活躍の場(仕組み)を作りたかった」と熱く話されていました。私もある意味地方のエンジニア(かつ昔は受託の立場だった)のでその背景は非常に理解できます。

ASFのビジネスモデル(チーム貸しモデル)を支えるもの

・リモートやクラウド等の開発環境(インフラ)

アジャイルの認知度向上(アジャイルを理解する顧客の増加)

⇒地方IT企業でも”場所の制約なく顧客と一緒”に仕事ができるというビジネスモデル?

▼現場見学

ASFの3チーム、金融系の1チームを見学させてもらいました。

ASFチームは全てスクラムで開発していますが、使用しているツールはバラバラで各チームの背景に合わせて使い分けていました(顧客とリモート、顧客だけでなくメンバーもリモート(常にリモート)、顧客とツールを合わせて進捗確認、など)。作るモノと顧客とチーム状況などによって各チームのツールや仕事の仕方にそれぞれ特徴があり勉強になることばかりでした(様々な試行錯誤の結果だと思います)。

・スプリント毎の気分の見える化(+幸福とベロシティの関係調査)

・スプリント毎に席替え

・壁にタイムボックス etc..
f:id:kmr3298wrc:20190402201944j:image
f:id:kmr3298wrc:20190404215407j:image

特にあるチームのワーキングアグリーメントが素晴らしくて「こんなチームと一緒に仕事がしたい」と強く感じるものでした。

・コミュニケーションにかけるコストを惜しまない。

・思い込みで進めるのは悪。

・止まっているタスクがあったら笑顔で指摘し合う。

・リファクタは聖なる活動 etc..
f:id:kmr3298wrc:20190402201948j:image

モブプロ環境は和洋それぞれで一箇所ずつありました。(和へのこだわり、畳に障子に掘りごたつ式のテーブル!)
f:id:kmr3298wrc:20190402201936j:image

金融系チームはウォーターフォール開発ですが、部分的にアジャイルを取り入れる試みを実践中でした(アジャイルな仕事の仕方はチームにも好評のようです)。顧客にも理解があるようで今後契約形態も請負から準委任に切り替えていきたいと話されていました。

f:id:kmr3298wrc:20190402201924j:image
f:id:kmr3298wrc:20190405112824j:image

▼まとめ

・AgileStudioFukuiは

1)地方のエンジニアが活躍できる場(仕組み)である(そこにはあるのは地元愛)。

2)地方IT企業が場所の制約なく顧客と仕事ができるビジネスモデル?

と感じました。

※前提として開発環境(リモートやクラウド)の進歩とアジャイルの認知度向上、何より永和さんの企業文化(アジャイル老舗等)が深く関連しているのだろうと思います。

 

お忙しい中、案内をして頂いた平鍋さん、社員の皆さん、本当にありがとうございました。

JaSST'19Tokyo参加メモ

JaSSTソフトウエアテストシンポジウムに初めて参加してきた。(1日目のみ)

JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'19 Tokyo

f:id:kmr3298wrc:20190328012546j:image

▼目的

最近テスト行程(部門)改善の必要性を感じているが、何から手をつけて良いかわからず躊躇している。他社というか一般的な考え方を学び、自分の行動へつなげていきたい。

▼基調講演「AI-Driven Testing: A New Era of Test Automation」Tariq Kingさん

http://jasst.jp/symposium/jasst19tokyo/details.html#A1

f:id:kmr3298wrc:20190328010027p:plain

f:id:kmr3298wrc:20190409000952p:plain

f:id:kmr3298wrc:20190328010057p:plain

▼「あなたに捧げる~TPI Nextを活用したチームメンバーの問題意識から始めるテストプロセス改善【導入時:改善計画立案編】リターンズ」安達さん

http://jasst.jp/symposium/jasst19tokyo/details.html#D2

f:id:kmr3298wrc:20190328010702p:plain

プロセスモデルCMMIとか) に認証制度があると、認証を取得することが目的となってしまいがちなので注意(やりたい事はなんだっけ?)。

プロセスモデルの適用は難しい、今回の事例はいきなりモデル適用ではなく、課題の深堀りとコスパを考えて課題解決の手段としてモデルを使用していた。

・登壇された安達さんの考え方(姿勢)にとても共感できた。

・TPI NEXT、ちょっと読んでみる。

▼「テスト自動化を10年続けて分かったこと- 開発者が語るINTARFRMテストツール -」頭島さん

http://jasst.jp/symposium/jasst19tokyo/details.html#B3

f:id:kmr3298wrc:20190328012138p:plain

▼「プロばこ4JaSST」プロジェクトマネージャ保護者会

f:id:kmr3298wrc:20190328012609j:image

・今回のプロばこはプロセスのテーラリングの話ではない。

・テストエンジニアやテスト環境などの「あるべき姿(なりたい姿)」を吐き出して、じゃあどうしてそうなりたいか、何をしたら良いか、をチームで考え共有するワークショップ。

・うちのチームは、それってアジャイルでは?という項目が多かったが、そこはアジャイルと言わず話を進めるように心がけた(アジャイルっていうとそこで思考停止する可能性あり)。

・テストする人、テスト管理する人、プロマネがメンバーだったので、テストする人だけじゃない視点の違いがあって、なかなか面白いまとめができた。(他チームとはちょっと違かったかな)

・ちょっと寸劇少な目。

▼まとめ

・初JaSSTだったが技術的な話だけでなくプロセス改善話など内容が多岐に渡っていた。

・テスト関係な方々とワークショップが出来、いろいろとお話しすることができた。新しい気づきもあったので現場で試してみようと思う。

▼おまけ

アジャイル新聞をたくさん頂いた、あとでみんなに配布しようと思う。

f:id:kmr3298wrc:20190328012651j:image

 

Scrum Ba at Night 参加メモ

Scrumセミナー受講者限定のイベント「Scrum Ba at Night」に参加してきました。Scrum導入事例のお話を聞くのと開催場所のKDDI Digital Gate潜入が目的だったのですが、当日にこんなニュースが流れるとは、、。

enterprisezine.jp

 

オープニングは平鍋さんのScrumInc.Japan設立のお話から。(おめでとうございます!)

f:id:kmr3298wrc:20190311000146j:plain

次にScrumInc.Japanの代表となった荒本さんの設立のスピーチ。(おめでとうございます!)

f:id:kmr3298wrc:20190311001810p:plain

 

本来の目的であるスクラム導入事例の紹介。まずはTRI-ADの虫上さんの発表。

TRI-AD|トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社 — TRI-AD|Toyota Research Institute - Advanced Development, Inc.

f:id:kmr3298wrc:20190311004403p:plain

TRI-ADのビジョン/ミッション

・生産性・革新性・品質

・信頼される技術と製品

・社員の健康と幸福

アジャイルと伝統的なモノづくりの両立

↑これってアジャイルだよね!(平鍋さん)

 

三越システムソリューションズの杉山さん。

三越伊勢丹システム・ソリューションズ

f:id:kmr3298wrc:20190311004535p:plain

良かったこと:ビジネスvsシステム、Dev vs Opsだったのが、Problem vs usになった。

最後にパネルディスカッション。

f:id:kmr3298wrc:20190311010937j:image

f:id:kmr3298wrc:20190311004617p:plain

どの現場もPOに問題がありそう、POは難しい。POがいない、PO=偉い人、POの仕事が追い付かない、POが育たない。

 

▼まとめ

アジャイル前提で設立された会社、途中からアジャイルを導入した会社、それを支える会社、それぞれの考え方(想い)が感じられるとても熱いBa(場)でした。